要注意箇所

これから、徐々に充実させていきます。

 

 


京阪本線ガード下

 

背割堤公園から御幸橋を渡り、木津川沿いに走ってすぐのところ。

見通しが悪く非常に危険。

事故多発地点です。

徐行必須!



嵐山の少し手前

保育園のあたり


河川敷からの自転車道と一般道がT字型に接続されている箇所です。嵐山へ向かう自転車道は一般道の南側にありますので、一般道を横断する必要があります。




久我橋近く

「太陽の家」近辺


文章で書くとわかりにくいのですが、嵐山方面に向かう場合について説明します。
河川敷上の自転車道を北上し、府道202号線のアンダーパスを通り202号線を横断します。団地の前をUターンし、202号線の北側に敷設されている自転車道を西進します。バス停を過ぎたところで右折し北上します。



木津

「泉橋寺」近辺


自転車道の南の起点から左折し泉大橋を渡ります。

渡りきったところですぐに左折し、土手の上の道に出ます。そのまま進み、右側にある民家に向かって細い路地を下り、道なりに進むと大きなお地蔵様が見えてきます。

お寺の境内にはトイレがありますが、参拝者用の小さなものです。できるだけ使わないようにしてください。やむを得ず使う場合は、お寺の静けさを乱さないように、良識を持って丁寧にお使いください。



名神高速道路工事現場


流れ橋から南に3km弱進んだところで新名神高速道路の工事が進んでいます。大型トラックが自転車道を横断する場合がありますから注意してください。

また路盤保護用の鉄板が敷設されているところもありますから、スリップにも注意してください。